自分で交換作業を実施して鍵トラブルを解消

住宅の鍵を無くした場合はすぐに鍵の交換を行ないましょう

鍵トラブルを自分で解決~DIYでカギ交換~

鍵交換を依頼する際は、鍵トラブルを取り扱っている業者に施工を依頼することが多いです。しかし施工に必要な道具と適切な知識を持っていれば、自分で自宅の鍵を交換することができます。まずは施工方法を確認してみましょう。

DIYで行なうカギ交換方法とは

カギの寸法を測っておく

フロント板の長さやビズのピッチ、丸座部分の直径などを詳しく測ります。賃貸物件の場合はオーナーの許可が必要になるため、事前にオーナーと相談しておくのが適切です。また測る際は間違えないように注意しましょう。

新しく設置するタイプのカギを探す

鍵の販売などを取り扱っている店舗に行き、それぞれの住宅や目的に合った鍵を購入します。現在はホームセンターなどの店舗でも鍵の販売は行なわれているため、通販サイトなどを使わなくても欲しい鍵を購入することが可能です。

以前のものを外して新しいものを設置

ドライバーなどを使ってネジを外し、古い鍵を取り外します。外した後は新しく購入した鍵を逆の手順で取り付け、鍵がきちんと動くかどうかを確認しましょう。また取り付けを行なう際は、説明書をよく確認しなければなりません。

DIYはリスクが大きい

自分で住宅の鍵を交換すると、鍵の取り付けに失敗してしまい多くの資金と時間を無駄にしてしまうことがあります。鍵の交換を行なうために購入した鍵は基本的に返品することができないので、購入する鍵を間違えてしまうと鍵の購入に多くの資金を消費してしまう可能性が高いです。住宅の鍵を自分で交換しようと考えている方は施工内容をよく確認し、スムーズに作業を進めることができないと感じた場合は業者の方に施工を任せるようにしましょう。

TOPボタン