いろいろな対策で鍵トラブルの発生を予防する

住宅の鍵を無くした場合はすぐに鍵の交換を行ないましょう

子供に鍵の大切さを教えて~鍵トラブルを防げる~

女性

鍵を紛失することはよくあることですが、特に子供は遊んでいる時などに鍵を無くしてしまう可能性が高いです。そのため子供に鍵を預ける際は鍵の重要性などを伝え、対策を実施して鍵の紛失を予防する必要があります。

鍵トラブルを防ぐためにも大切さを伝える

子供が鍵を紛失したことで鍵交換を行なう際は、鍵の大切さをきちんと伝えてトラブルの再発を防ぐことがとても重要です。鍵を無くさないように行動することを習慣づけておけば、鍵トラブルの発生回数を大幅に減らすことができます。また鍵交換を行なう際は実勢に請求される費用を掲示し、工事には沢山のお金がかかることを教えておきましょう。

他のお母さんがやっているカギの持たせ方

ストラップを付けさせています(30代/女性)

子供に自宅の鍵を預けることになったので、100円ショップで購入したストラップを取り付けました。カバンの中に鍵を収納することができるので、今のところ子供が鍵を無くしたことはありません。子供でも楽に鍵を取り出すことが可能です。

首からぶら下げておく(20代後半/女性)

子供が鍵をしっかり管理できるようにと、鍵に紐を結んでネックレスのように首から下げさせています。出し入れが楽に行なえますが、たまに子供が首から外してしまうことがあるので持たせる際は注意しておく必要があるようです。

制服に縫い合わせておく(40代/女性)

子供が着用している学生服にストラップをつけ、その部分に鍵を繋げて管理させています。服を洗濯する際は鍵を一度外す必要がありますが、出し入れが楽に行なえてしっかりと鍵を保管することができるため非常に便利です。

カギを置くところを決めないようにする

鍵の置き場所を決めておくと鍵の管理はとても楽になりますが、部外者に鍵を悪用されてしまう可能性が高いです。空き巣や泥棒などの被害を防ぐためにも、鍵は指定の場所で管理せずに家族が持ち歩くようにしましょう。

TOPボタン