鍵トラブルが発生した際の対処法を紹介

住宅の鍵を無くした場合はすぐに鍵の交換を行ないましょう

カギを失くしてしまった~鍵トラブルが起きたらしておくべきこと~

2つの鍵

住宅や車の鍵を紛失してしまうと、日常生活にさまざまな悪影響が発生してしまいます。万が一鍵トラブルが発生した場合は、どういった対応を行なえば良いのでしょうか。まずは鍵を見つけるために探索を始めてみましょう。

身の回りから探してみる

ランドセルの中
女性や子供は鍵を保管する際、無意識にカバンの中へとしまってしまうことが多いです。きちんとカバンの中にしまったものを全て取り出してみて、鍵がまぎれていないか調べてみましょう。カバンのポケット部分も確認する必要があります。
自分のポケットの中
ポケットの中に鍵が入っていても、ポケットのサイズが大きいと鍵の存在に気付かないことがあります。ポケットの中を調べる際は奥まで手を入れ、念のためにポケットを裏返して鍵がないかを確認してみましょう。

今日行ったところを振り返らせる

鍵を紛失した際は鍵を無くす前に立ち寄った場所を思い出し、鍵が落ちていないか調べてみましょう。コンビニなどの店舗である場合は、店員に鍵の落とし物が届いていないか確認することができます。場合によってはトイレなどの場所に置き忘れていることもあるので、しっかりと探索を行なっておけば鍵が見つかる可能性は高いです。

鍵を失くしたらまず警察へ

鍵を無くした際はまず警察に届け出を出し、鍵の悪用を防ぐ必要があります。なぜなら、カバンなどと一緒に鍵を無くしてしまうと、住所を特定されて空き巣などの被害が発生する可能性が高いからです。そのため届け出を出しておけば、被害が発生することはありません。

新しくカギを作るならカギ交換しよう~鍵トラブルに対応した業者~

どの場所をチェックしても鍵が見つからない場合は、業者に鍵交換を実施してもらいトラブルを解消しておきましょう。

合鍵は鍵トラブルの元になることも…

子供が自宅のカギを失くしてしまいました。合鍵を作ろうと考えています。
住宅の鍵を無くしてしまった場合、落とした鍵が第三者に悪用されてしまう可能性があります。そのため外で住宅の鍵を紛失してしまった場合は鍵を丸ごと新しいものへと交換してもらい、鍵の悪用を防ぐのが最適です。鍵の交換を行なっておけば紛失トラブルはすぐ解決できますし、空き巣や泥棒の被害が発生するのを未然に防ぐことが可能です。

万が一のことを備えて鍵交換

防犯対策のためにも鍵交換(カギ屋さん)

鍵のシリンダー交換を実施しておくと、過去に紛失した鍵が悪用されるのを防ぐことが可能です。住宅の防犯性もアップするため、安心して普段通りの生活を楽しむことができます。古い鍵をそのまま使い続けていると住宅の防犯性が低下してしまい、空き巣や泥棒が発生しないか不安になってしまうことが多いです。無くしたことに気付いた時点ですぐシリンダー交換を実施しておけば、紛失した鍵を探したり警察に届け出を出したりする必要はありません。

住宅の鍵などを外で無くしてしまった場合は、鍵の交換を行なうことで鍵の悪用を未然に防ぐことができます。熟練の技術を持つ業者に鍵交換を実施してもらえば、短い時間でそれぞれの目的に合った鍵へと取り換えてもらうことができます。

TOPボタン